FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Leica "M2"の理由

オヤジのお下がり"Nikon F"で極めて贅沢なカメラデビュー。"京セラのSAMURAI"、"Nikon F-801s"を経て、その後レンジファインダーに興味を持ち、手に入れたのが"CONTAX G1"(ただし正確に言えば婚約当時の結納返しでもらったのですが・・・)。

しばらくはG1で写真を楽しんでいましたが殆どが機械任せのこのカメラ。特にピント合わせについてはシャッターを押す瞬間、ホントにピントが合っているのかがファインダーで確認できない。このことにストレスを感じていました。

自分の性格上「やっぱ、絞り、シャッタースピード、ピント合わせの全てを自分でやりたい」という思いがフツフツと湧き上がり、自然の流れで"Leica"を買おうと考えました。もう5年以上も前の話です。

まず殆ど何も考えずに、「安いから・・・・・」ということで"M4-2"をeBayで入手。
しかしその後、Leicaに関連する書籍を読み漁り、いろいろなことを知れば知る程それに対する愛着が持てず、結局Yahoo! Auctionで手放すことに・・・。

そして真剣に考えました。見た目もスペックも100%満足できて、極めて愛着が湧くものを・・・。

まずは見た目。
"M5(デカイ、らしくない)"、"M6(軍艦部にロゴなし、正面ロゴの形状が嫌い)"で×。

スペックでは自分の好きな画角である35mmレンズがビューファインダーなしに使えること。
M型ライカの原点である"M3"は残念ながら50mmレンズまでしか使えないので×。

そして最後の条件として1964年製であること。
"M4"は既にライカの完成形といわれており、非常に魅力的なモデルですが、所謂"バースデー・ライカ"に拘りたかったので×。

そしてこの3つの条件に当てはまるのが"M2"だったという訳です。
Birthday Leica M2

こちらもeBayで入手。外観がとても綺麗なM2でしたが、フィルムの巻上げに時々引っかかる感覚があったので銀一さんでオーバーホール。今は極めて快調です。お世辞かも知れませんがお店の方にも絶賛されたほどの程度の良さで、ようやくどこにでも連れて行ける素敵な相棒に巡り会えました。

ということでコイツといっしょに明日の午後からは"伊勢・鳥羽"方面へ会社の旅行で行ってきます。

"おかげ横丁"辺りで久しぶりにガシガシっと"M2"を使い倒して来たいと思います。

天気がいいことを祈って・・・。
スポンサーサイト

theme : カメラ
genre : 趣味・実用

Ross Evolution Series

なんせ月一のみの釣行という制限(?)+今月から禁漁+今月はいろいろあって管釣にも行けずっと、あまりパッとしないエントリーが続きますが、今回も私の所有するリールネタです。

ross_evo_1.jpg
"Ross Evolution Series"
サイズは"0"と"1.5"。各々3番と4番用に使っています。

ロスリールは全米では非常に人気が高いといわれています。この"エボリューション"は2003年に発売されたリールで、特徴としてはミッドアーバーリールであること、航空機材用アルミマテリアルを使用としていること、チタンパーツを使用したメンテナンスフリーのドラッグであること等でしょうか。

気に入ったのはまず見た目のデザイン。軽量化を目的としたリールは大体がリール径を大きくした所謂"ラージアーバー"タイプ。でもこのリールは径はミッドアーバーに止め、受け側の徹底した軽量化を図っています。基本的に小ぶりなリールが好きな私のツボにハマった訳です。
ross_evo_2.jpg

そして何といってもスムーズなスプールの回転とドラグ性能。
ラインを巻くと"チリチリ"という極々小さなクリック音を発し、指を引っ掛けて思い切りスプールを回せば"ウィーーーン"っと3回転位は一気に回る感覚でこんなに軽くて良いのでしょうか。
ドラグの利き具合もムラが無く、実にスムーズ。これを最大限に利用してやり取りするような大きなサカナを掛けてみたいものです。

いろいろと良いこと尽くめなのに、日本でもう少し人気が出ても良いのでは・・・っと思っていた矢先、先月発売の"FlyRodders"の"読者が選んだ「私の逸品」"なるコーナーでは結構上位にランクされておりました。

ただマーヴェリックさんを通した国内の販売価格、高いですよねー。
因みに私はeBayで入手しましたけど・・・・・。

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

Spitfire風にしてみました

8年位前にアキマルロッドを注文して、当時それに合う少し重みのある小ぶりなリールを探していました。
Bill BallanのHeirloom、Peerlessの7M、HardyのBougle Replica等いろいろ入手しては何か納得するものに出会えていませんでした。そんなときにこのリールのの存在を知りました。

"Hardy St.George Jr. Replica"
St.GeorgeJr.

でも、それは限定生産で既に発売から何年か経過しており、国内で新品を入手するには困難な状況でした。それでも「欲しくなったらトコトン手を尽くす」という信条から、とうとう海外サイトでようやく在庫があるというイギリスのお店を発見、苦労して個人輸入で初めて手に入れたリールです。

こんなエピソードもあるからか、このリールが一番長い間手元にあります。
ただ、ひとつだけどうしても気に入らない点が・・・・・

それはオリジナルの黒鉛塗装とはかけ離れた塗装。何かチャッチイですよね?

そこで塗料の剥離剤を使って所謂"スピットファイア"風にしてみました。
St.George Jr. Spitefire風1

St.George Jr. Spitefire風2
どうです?
なかなかカッコよくなったと思いませんか?

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

最近のマイ・ブーム

この歳になって、ここまでインスパイアされるベーシストに出会えるとは思いませんでした。

Stanley ClarkeVictor WootenJaco Pastorius、他いろいろなベーシストがいますが・・・・・

私を夢中にさせるのは、この方
Marcus Miller

eBayでベースギターを手に入れたのは前にエントリーしましたが、若かりし頃ギターをやっていた性分からでしょうか・・・・・まずは裏方でグルーヴ感を生み出すことに徹すべきベーシストですが、少し前面に出たベーシストをいろいろ探究しました。

そこで出会ったのがこちら↓の映像。


「え~~~っ!?、ベースでこんなこと・・・できるの?・・・」

ただただ愕然として、そして後悔するばかり・・・・・。
せめて10年早く出会いたかったというのが正直な想い。
ベース転向が遅すぎました。

今年リリースした"Marcus"から"Silver Rain"、"Tales"、"Best Of '82-'96"を買いあさり、"S.M.V."も聴きました。通勤時のi-PodでのBGMは専らこれらをシャッフルさせてます。

若い頃、いろんなアーティストのことを調べていった様に、しばらくはこのお方の歴史を遡って探究して行くことになります。

またいろいろな出会いがあることでしょう。
これからしばらくワクワクが続きます。

theme : お気に入り&好きな音楽
genre : 音楽

CALENDAR
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
WEATHER REPORT
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE

TROUT-HUNT

Author:TROUT-HUNT
FlyFishingやCamera&Photo、Outdoor、Music&Guitarが好きな趣味多き四十路男。

LINK
SEARCH
ACCESS COUNTER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。